HOME>レポート>幼稚園に行かせるためには願書の提出が必要不可欠

幼稚園に行かせるためには願書の提出が必要不可欠

複数の子供

申し込み方について

福岡の幼稚園に入ることを考えている場合、入園の際に必要となる願書を、初めに入手する必要があります。そして、実際に願書を手に入れたら記入に進み、書き終わった後は、日付の間違いや記入していない箇所がないか、きちんとチェックすることが大事です。チェックする中で、とくに問題なく願書を書けていれば、願書を出すアクションに移りますが、提出期間や提出方法については、福岡の幼稚園に予め聞いておきましょう。また、福岡の幼稚園の中にも、考査を取り入れているところもあり、願書を出してから決められた日に考査が実施されます。その考査の内容ですが、簡単なテストや親子面接があるなど、入園を希望する福岡の幼稚園によって、いろんな形で行われるでしょう。それから、しばらく日にちが経った後に、入園できるかどうかの合格通知や、入園許可書が送られてきます。

複数の子供

どのような特徴があるのか

福岡の幼稚園についてですが、幼い子どもの教育を指導する施設で、文部科学省の管轄になります。そして、幼稚園の根拠法令というのは学校教育法であり、幼い子どもの心と体の成長を、サポートすることを目的としているのが特徴です。ちなみに、入園可能な年齢ですが、3才になった春から小学校に上がる前までの子どもが対象で、園での保育時間は、午前9時から午後2時くらいまでが一般的です。よって、保育時間があまり長くないという特徴があることからも、幼稚園が終わってから、子どもを習い事に通わせることもできるでしょう。また、福岡の保育園・幼稚園の最大の違いはというと、保護者の諸事情により、保育ができない状態であるかどうかが一番の違いです。ただし、ここ最近においては、保育園と幼稚園の両方の特徴を備えた、認定こども園が多くなっているため、どちらもそれほど違いはありません。

広告募集中